いつの間にかスマホで副業がこんなに進んでいた

2018年頃でしょうか。アベノミクスによる働き方改革の1つとして副業・兼業が解禁されました。
さて、副業解禁!とはいうもののそもそもの本業が忙しく、へとへとになって帰宅したあとにすぐに副業として別の職場へ……なんてなかなかできないのが現実です。
それでは休日に副業を…と思っても今度は「いつ休めるの?」と考えただけでげんなりしてしまい、実際に副業を実践できている人は少ないのではないでしょうか。

しかし、生きるのにはとにかくお金がかかります。
家賃、光熱費、食費……節約するだけでは追いつかない人も多くいることでしょう。
そこで時間にも拠点にも縛りがなく朝でも夜でも気軽できる副業はないものか……ありました。スマホです。常に持ち歩いているし、時間も拠点にも縛りがありません。しかも「スマホ 副業」で検索するとかなり出てきます。スマホ1台あればできる仕事を探してみると意外とあるのです。

王道な所でいいますとポイ活やアンケートモニターなどですね。厳密には違いますが懸賞応募も金券や現金プレゼントの他にお米や車(!)をプレゼントしているサイトもありますから驚きです。

話をスマホで副業に戻しますと、先ほどのポイ活やアンケートモニターの他にフリマアプリやWebライディングなどもありました。
これも、誰でもできるスマホ副業だといえます。フリマアプリは家にある不要なものを販売することは誰でもできることですし、アクセサリーなどハンドメイドが得意な人は作って販売してみてもいいでしょう。

Webライディングも資格が絶対必要というわけではありませんから、文章を書くのが好きな人は気軽チャレンジできる副業の一つといってもいいのではないでしょうか。

他にも面白い副業がありました。
スキル販売といって、文字通り「自分のスキルを販売する」のだそうです。例えば、イラストを描くのが得意な人は「あなたの似顔絵1枚〇〇円で書きます!」台本や脚本を書くのが得意な人は「YouTubeの台本1本〇〇円で書きます!」といった具合です。
手相占いや愚痴聞き屋などなどユニークなスキルが数多く出品しており自分の資格や特技、強みを把握している人たちほどスマホで副業に成功しているのではないか、そんな印象をうけました。

スキル販売はココナラやタイムチケットといった会社が有名です。
まずは「スマホで1円でもいいから稼いでみたい」という人はポイ活やアンケートモニターなど誰でも簡単にできるものから初めてみる。
「仕事の合間に自分の強みを活かした副業をしてみたい」という人は自分にあった副業サイトを探してみて、チャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

いつの間にかスマホで副業がこんなに進んでいた
トップへ戻る